【逸品】 京都西陣緞子を使用した高級掛軸です 掛軸 もくらん 極豆代 三幅セット浄土真宗 西:脇絵 本願寺派 3825円 ◆京都西陣緞子を使用した高級掛軸です。 掛軸 もくらん 極豆代 三幅セット浄土真宗 本願寺派(西:脇絵) 日用品雑貨・文房具・手芸 仏壇・仏具・神具 仏具 掛軸 もくらん,極豆代,/fs/edelweiss/c/7days,日用品雑貨・文房具・手芸 , 仏壇・仏具・神具 , 仏具 , 掛軸,本願寺派(西:脇絵),3825円,掛軸,036ea43.netsolhost.com,◆京都西陣緞子を使用した高級掛軸です。,三幅セット浄土真宗 【逸品】 京都西陣緞子を使用した高級掛軸です 掛軸 もくらん 極豆代 三幅セット浄土真宗 西:脇絵 本願寺派 3825円 ◆京都西陣緞子を使用した高級掛軸です。 掛軸 もくらん 極豆代 三幅セット浄土真宗 本願寺派(西:脇絵) 日用品雑貨・文房具・手芸 仏壇・仏具・神具 仏具 掛軸 もくらん,極豆代,/fs/edelweiss/c/7days,日用品雑貨・文房具・手芸 , 仏壇・仏具・神具 , 仏具 , 掛軸,本願寺派(西:脇絵),3825円,掛軸,036ea43.netsolhost.com,◆京都西陣緞子を使用した高級掛軸です。,三幅セット浄土真宗

逸品 京都西陣緞子を使用した高級掛軸です 卸売り 掛軸 もくらん 極豆代 三幅セット浄土真宗 西:脇絵 本願寺派

◆京都西陣緞子を使用した高級掛軸です。 掛軸 もくらん 極豆代 三幅セット浄土真宗 本願寺派(西:脇絵)

3825円

◆京都西陣緞子を使用した高級掛軸です。 掛軸 もくらん 極豆代 三幅セット浄土真宗 本願寺派(西:脇絵)








●もくらん掛軸 (京都西陣:木蘭色表装) 金具打
●サイズ詳細につきましては、別表「サイズ表」をご確認下さい。

(注)サイズ表示単位「代(だい)」は、掛軸の大きさを表します。豆代、20代、30代・・・数値が大きくなると、サイズも大きくなります。
(注)受注生産品のため、約10日間程かかります。
(注)この商品は、掛軸本体のみの販売となります。掛軸鋲、掛軸スタンドなど設置に必要な仏具は別売となりますのでご注意ください。
(注)商品画像は「20代」を撮影したものになります。サイズにより、各部の寸法も異なり、掛軸全体のイメージが異なりますので、各部のサイズは「別表」を、掛軸のイメージは「掛軸 もくらん 各サイズ」をご参照ください。
(注)ご覧になるモニター等により、現物と色味が異なってみえる場合がございますので予めご了承下さい。

◆表装には木蘭色の京都西陣緞子を使用◆
木蘭色(もくらんじき)とは・・・
中国渡来の木蘭の樹皮を染料として染められた香色や黄橡のような薄茶系統の鈍い黄褐色のことで、高位の僧侶の袈裟の色の一つにもなっています。

◆京都西陣緞子を使用した高級掛軸です。 掛軸 もくらん 極豆代 三幅セット浄土真宗 本願寺派(西:脇絵)

MENU
一つひとつに、
大切な想いがあります。
私たちは、この金沢で 伝統の文化を受け継いでいます。
昔ながらの手仕事を守りながら、 日々の暮らしの中で、 使ってもらえるようにと 革新を進めてきました。 いまでは工芸品のみならず、 建築や食品、美容など、 多くの分野へと 金沢箔の可能性が広がっています。
そこには、一つひとつ、 私たちが込めた想いがあります。 その物語をご紹介します。
箔一の想いはこちら
 

実績紹介

Performance

多彩な分野に広がる、金沢箔の可能性。
箔一では、多くの業界の方と共にものづくりをしてきました。金沢箔の活躍の場は、手元で使う工芸品から、空間を彩る建築物、また食用としてスイーツのトッピングなど、多彩な分野に広がっています。もともと金沢箔は、金閣寺など寺社仏閣の建築やお正月料理の飾りなどに使われてきました。こうした伝統を踏まえつつ、新しい技術によってこれを進化させ、金沢箔の優雅さを多くの場面で活用できるようにしてきました。金沢箔には、商品や空間、料理などを人々の記憶に残る特別なものへと変える力があります。これまでの様々な実績をご紹介します。
実績紹介

箔一のものづくり

Manufacturing of HAKUICHI

伝統をふまえ、新しい日本のものづくりへ。
私たちは、伝統の金沢箔を基本とし、そこから「工芸品」「食品」「化粧品」「建築装飾」といった、多彩な分野でのものづくりをすすめています。私たちの生産現場には、箔打ちはもちろんのこと、漆や箔押しの職人。さらにデザイナーや、接着・塗装、衛生管理などの技術者まで、多彩なスタッフが集っています。また『開かれた伝統工芸』をコンセプトに、工房を開放して、多くのお客様をお迎えしています。ここには、日本中の産地から訪れる職人や工芸作家の方々、デザイナーの方やバイヤーの方、企業の商品開発の担当の方などが集っています。金沢の街から、新しい日本のものづくりの可能性を発信しています。
工房について

ニュースリリース

NEWS
過去記事一覧