楽器・音響機器 , DAW・DTM・レコーダー , DTMセット,036ea43.netsolhost.com,Suite【オンライン納品】【在庫あり】,11,Ableton/Live,Live11の最上位バージョン。

Ableton Live11の最上位バージョン < h1 Live Suite 在庫あり 【50%OFF!】 オンライン納品 11 受注生産品

Ableton Live11の最上位バージョン。

24240円

Ableton Live11の最上位バージョン。










※こちらの商品はメールで製品シリアルをお送りするオンライン納品形式の商品です。

【製品概要】

Liveは、処理速度、操作性、柔軟性に優れた音楽制作/ライブパフォーマンス用ソフトウェアです。 エフェクト、インストゥルメント、サウンドなど、各種制作機能を備えており、音楽のジャンルを問わず、曲作りに必要なものがすべてそろっています。
Liveの主要な作業画面は、従来のリニア編集を行うアレンジメントビューと、タイムラインにとらわれることなく即興演奏やさまざまなアイデアの模索を行うセッションビューの2種類。 ワープ機能(タイムストレッチ機能)により、あらゆる音声のテンポやタイミングをリアルタイムで変更することができます。楽器や声をはじめとする音声録音とMIDI録音はもちろん、Liveの独創的な機能を使えば、ライブパフォーマンスを魅力的に仕上げたり、新しいアイデアを模索したり、ふとした瞬間の演奏を楽曲に発展させたりと、さまざまな音楽制作が実現します。
Liveの幅広いインストゥルメントやエフェクトを使って自分だけの音を生み出すもよし。テーマにそって音源を厳選した多彩な「Pack」をもとにして新しいものに作り変えるもよし。 あらゆる操作をリアルタイムで行い、無限にカスタマイズできるLiveは、ライブパフォーマンスや感覚的な作業に理想的なDAWです。組み合わせる機材や楽器の種類は問いません。
Liveを楽器のように演奏するために設計されたコントローラ「Push」を使えば、ハードウェアならではの操作性でソフトウェアの機能性を余すことなく活用することができます。

【Live 11の新機能】

■コンピング
録りためた音声やMIDIから、うまく演奏できた部分を組み合わせて理想のテイクを生み出す機能。 複数のサンプルを任意に選んでコンピング機能でつなぎ合わせることで、これまでにない音作りも可能です。

■MPEとの対応
MPEコントローラを使えば、コードを構成するノートのひとつひとつで、ベンドやスライドといった奏法や、鍵盤を押す力(プレッシャー)による操作が可能になります。 演奏で繊細な違いをつけることはもちろん、コードを異なるコードにモーフィングさせたり、テクスチャーを次々と変化させたりと、幅広い演奏表現が実現します。

■新デバイス
音声信号を引き延ばし、まったく違う響きに変えてしまうSpectral ResonatorとSpectral Time、 実在する空間からありえない空間まで、さまざまな響きを創造するHybrid Reverb、 自然界の物理現象からアイデアを取り入れた6種類のデバイスを収録するInspired by Nature、小刻みなグリッチや艶やかなデジタルディレイのほか、さまざまな音を追加するPitchLoop89など、多数収録。

■ライブパフォーマンス向けの新機能
入力音にもとづいてリアルタイムでテンポを調節するテンポ追従機能により、変化に富むバンドの生演奏でもLiveが活躍します。 マクロの設定状態を保存する機能を使えば、ライブパフォーマンス中にすばやく変化を付けたり、楽曲を大きく展開させたりすることができます。 ラックで使用するマクロの数は、1~16基に設定可能。専用ボタンを押すだけで、マクロの値にランダマイズを適用することができます。

■偶然性を取り入れるツール
ノート発音率とベロシティ変化率を設定して、自分では思いつかないようなパターンを生み出したり、均一ではない人間らしい抑揚で演奏に変化をつけたりすることができます。

■新しい音源を収録したPack
斬新なアイデアで声を加工するためのVoice Box。最新鋭のストーリーのような世界観を演出するMood Reel。多彩な持続音とテクスチャーを収録するDrone Lab。 Spitfire Audioと共同制作した、Upright Piano、String Quartet、 Brass Quartetの3種は、オーケストラ楽器の定番の組み合わせで臨場感あふれる音色を細部までとらえています。

【Live 11 Suiteの主要機能】

■マルチトラックでソフトウェアやハードウェア機材の録音とMIDIのシーケンスが可能。
■独自のセッションビューで、タイムラインに縛られない制作、可能柔軟なパフォーマンス、即興演奏が可能。
■リアルタイムで音声のタイムストレッチが可能。テンポを問わず、音楽とループを自動的に同期させます。
■ステージやスタジオでノブやフェーダーなどを使って操作を行えるMIDIマッピング可能なコントロール部。一般的なハードウェアコントローラとは自動マッピングに対応。
■コンピング:録りためた音声やMIDIから、うまく演奏できた部分を組み合わせることが可能。
■トラックの連結編集:複数のトラックを同時に編集可能。
■グループトラックを複数の階層で作成して、細かなアレンジメントを容易に管理することが可能。
■音声をMIDIに変換する機能:ハーモニー、メロディー、ドラムを音声から抽出してMIDIに変換可能。
■テンポ追従機能:入力音にもとづいてLiveがリアルタイムでテンポを調節します。
■ノート発音率とベロシティ変化率:MIDIノートが鳴る確率と、ベロシティが不規則で変化する量を設定して、パターンのバリエーションの自動生成や、人間らしい抑揚の表現が可能。
■複数のインストゥルメントとエフェクトをInstrument Rackで単体のデバイスとして組み合わせることが可能。
■複数のMIDIエフェクトをMIDI Effect Rackで単体のデバイスとして組み合わせることが可能。
■サウンドデザイン、ミキシング、マスタリングを独創的に行うオーディオエフェクトを総合的に内蔵。
■高度なサンプリングとスライスを行うツール。
■VST2、VST3、Audio Unitsに対応。
■MPE:MPE対応機器で各ノートの複数のパラメータをリアルタイムにコントロールすることで、より表現力豊かな楽器演奏が可能。
■グルーヴ機能:音声やMIDIにスイングを適用できるほか、オーディオファイルからリズム感の抽出が可能。
■ビデオをクリップとして読み込み、変更した映像と音声を保存することが可能。
■拍子の変更が可能。
■Max for Liveを内蔵:インストゥルメント、オーディオエフェクト、MIDIエフェクトなど数多くのデバイスにくわえ、Liveをカスタマイズする機能を使用可能。

【収録インストゥルメント/エフェクト/音源】

■17種類のインストゥルメント: Wavetable、Operator、Analog、Sampler、Simpler、Electric、Tension、Collision、Bass、Poli、Drum Rack、Drum Synths、Impulse、CV Instrument、CV Triggers、Instrument Rack、External Instrumentを収録。
■59種類のオーディオエフェクト、15種類のMIDIエフェクト:Hybrid Reverb、Spectral Time、Spectral Resonatorなど。
■5000種類以上の音源。
■70GB以上のループとサンプル。

【技術仕様/互換性】

■無制限で操作の取り消しを行えるノンディストラクティブ編集。
■最高32ビット/192kHzのマルチトラックレコーディング。
■プラグイン由来のレイテンシーの自動補正。
■Ableton Linkとの統合。
■MPE対応。
■MIDIリモートコントロールの即時マッピング。
■ハードウェアシンセへのMIDI出力。
■MIDIクロック/同期。
■CV信号(ピッチ、コントロール、クロック、トリガー)の生成と受信。
■マルチコア/マルチプロセッサー対応。
■WAV、AIFF、MP3、Ogg Vorbis、FLACのファイルに対応。
■オーディオトラックとMIDIトラックを無制限に作成可能。
■シーンを無制限に作成可能。
■センドトラック/リターントラック × 12。
■音声入力 × 256、音声出力 × 256。
■REXファイル対応。
■POW-Rディザリング。
■グルーヴプールとグルーヴ抽出。
■MIDIのキャプチャ機能。


※動作環境などの最新情報につきましては、メーカー及び代理店の公式HPをご確認ください。
※ダウンロード製品という性質上、製品納品後のキャンセルはできかねますので、ご了承ください。

Ableton Live11の最上位バージョン。

2021年10月度スポーツジャンル賞 McDavid(マクダビッド) 3/4レングス タイツ(ヒザ下丈タイツ) ブラック

トピックス。